低金利でお金を借りる時に知っておきたいメリット・デメリット

お金を借りる時は、なるべく低金利方がいいですよね。ただし、低金利でお金を借りるのには、メリットとデメリットがあります。メリットばかりに目がいきがちですが、しっかりとデメリットな部分も理解してお金を借りましょう。

 

低金利で借りるメリットとは?

まず低金利借りるメリットは、なんといっても返済するときの総支払額が少なくります。

 

借り入れ金額が大きくて、返済期間が長くなれば、金利の差は大きくなります。言い換えれば、金利負担が少なくなるので、長期で大きい金額を借りやすくなります。

 

低金利で借りるなら、消費者金融より銀行で借りることになります。銀行などのカードローンなどの金利は、4%から14%位が多く、消費者金融の金利は、4%から18%位が多いです。

 

上限金利だけでも約4%もちがいます。4%ちがうと100万円を1年借りた場合、総支払額が4万円も違ってきます。

 

また、月々返済額を同じ金額払っているなら、低金利で借りていた方が、より多く元本の支払いに充てることができます。カードローンなどは、借り入れ残高によって利息が変わってくるので、早く元本の支払いに充てていった方が、それだけ総支払額が少なくてすむことができます。

 

なので、高い金利でお金を借りている場合は、より低い金利でお金を貸してくれるところに、借り換えた方がお得になります。

 

低金利で借りるデメリットとは?

低金利で借りるのには、メリットだけではなくデメリットもあります。

 

まずは、審査が厳しくなるということです。お金を貸す方の金融機関も、低金利でお金を貸すには、返済してくれる可能性の高い人にしか貸したくありません。消費者金融でお金を借りるより、銀行でお金を借りる方が審査が厳しいですよね

 

低金利でお金を借りることができる人は、それだけ限られた人になってきます。

 

また審査にも時間がかかります。すぐにお金が必要な時などは、高い金利で貸してくるところの方が、早く対応してくれます。借りる方法もスマホなどから申し込みができたり利便性が高くなっています。

 

たたし、給料日までの少しの間だけ借りる場合などは、金利の差によるメリット、デメリットはあまり関係なくなってきます。