低金利で今すぐお金を借りたい!目的がはっきりしてるならキャッシング

低金利で今すぐお金を借りたい!

お金を借りる理由は様々あります。結婚式などの冠婚葬祭の参列で必要だったり、突然のデートでお金を要したりと様々です。

 

できれば低金利、かつすぐにお金を借りたい場合にはキャッシングがとても便利であり、目的が明確であればキャッシングは強い味方となってくれます。最近では消費者金融だけでなく、銀行でもお金を借りることができるので選択肢も多いです。

 

因みに、キャッシングを利用するなら銀行でお金を借りるほうが低金利なのが一般的ですが、その分審査がある程度厳しく、働き始めて一定の実績がある人でないとキャッシングの審査をパスできないことがあります。

 

低金利で今直ぐお金を借りたい! 銀行カードローンより断然早い!急ぎで低金利ならプロミス

 

プロミスでお金を借りるならカードレス対応で家族にもバレにくい!
もちろん今すぐ借りた人にもその日のうちにキャッシングできるスピード対応が可能です。

 

プロミスで今すぐ借りる プロミスで今すぐ借りたい人はこちらから

 

一方、消費者金融は審査がそこまで厳しくないので申し込みはし易いですが、それまでに借り入れはないか、多重債務ではないかなどのチェックは当然されます。

 

 

初めてお金を借りるなら抑えておきたいポイント

初めてお金を借りる場合にはできるだけ低金利のところを探すことが大切ですが、返済のしやすいところで借りるのも1つの手です。

 

最近ではインターネットで返済することができる消費者金融や、コンビニで返済ができる消費者金融も存在します。中でも土日の返済も視野に入れている場合には大手の業者でお金を借りるほうが安心です。中小の消費者金融の中には土日に返済できないところもあるからです。

 

つまり、、、

  • 低金利で選ぶ
  • 返しやすさで選ぶ
  • 支払期限が給料日の直後に設定できるところを選ぶ

など様々な観点の中から多くの金融機関と比較し、どこでお金を借りるか決めていくと良いでしょう。

低金利でお金を借りる審査はハードルが高い?!審査事情に迫る

低金利でお金を借りる審査はハードルが高い?!

お金を借りる際に最も気になることは金利ですが、やはり低金利でお金を借りることができる業者を選びたいものです。しかし、そのような低金利の業者では審査のハードルが高くて通らないのではと心配になる方も多いのではないでしょうか。

 

低金利と聞いて最初に思い浮かぶのは銀行ですが、確かに一般的にも銀行は低金利のため審査も厳しいとされています。消費者金融と比べて若干ではありますが審査基準のハードルが高いと言えるでしょう。

 

そもそも、銀行というのは個人への無担保でお金を貸すことが本業ではないので、審査などについてもプロである消費者金融にノウハウを学び、それをそのまま使っている状態になります。

 

その他審査の項目においては銀行も消費者金融も大差はないと言えますが、唯一ハッキリしている違いは銀行は総量規制の対象外となっていることです。

 

総量規制とは借金で破産する人を減らす目的で年収の3分の1以上を融資してはならないと定められた法律ですが、この法律の対象となっているのは消費者金融の話で、銀行では対象外となります。

 

そのため総量規制の対象外となる銀行は必然的に限度額が高くなるため、十分な返済能力を持ち合わせているか審査で問われることになります。

 

そのような理由から、もしも高い限度額を望まずに、総量規制の範囲内でお金を借りるようでしたら間違いなく審査基準が若干低い消費者金融をおすすめします。

 

ただし注意してもらいたいことは、審査に通るか不安になり複数の業者に一度に申し込みをしてしまうと、それが理由でお金を借りることができない場合がありますので、申し込みは必ず1社ずつ行うようにしてください。

返済負担の軽減のヒミツは低金利でお金を借りること

返済負担の軽減のヒミツは低金利でお金を借りること

銀行や消費者金融などからお金を借りるとき、金利についてもしっかり調べて無理のない返済をしましょう。ローンを選ぶ際は「すぐに借りられる」「審査が厳しくない」といった点ばかりに注目するのでなく、なるべく低金利でお金を借りるべきです。

 

大手の消費者金融はほとんどが最低金利でも2桁を維持しており、一方で銀行系のカードローンは最低金利が3%〜5%ほど、中には2%を切るローンもあるなど銀行の方が低金利の傾向にあることがわかります。

 

このように金利は借りる期間、貸してくれる業者や銀行、お金を借りる金額によってかなり差があります。当然ながら低金利の方が確実に元金を減らせますし、不安や負担が少なく返済計画が立てられます。

 

現行の法定金利は10万円未満の借入れなら20%、10万円以上100万円未満なら18%、100万円以上の場合は15%と定められていて、これより高い利率の利息をとることは禁止されています。

 

無利息でお金を借りられるってホント!?

現在の収入で無理なくきちんと返済できるか心配で、お金を借りることを実行に移せない人もいるかもしれません。賢くキャッシングする方法として無利息期間を利用する方法もあります。

 

「今は手元にお金がないけれど来週にはお金が確実に入る」といったケースで、無利息期間内のキャッシングを申し込むのです。無利息になる日数や適用金額の上限は様々ですが、多くの消費者金融が無利息期間サービスを行っていますので、賢く利用しましょう。

 

このように、なるべく無利息期間を利用したり、低金利の業者からお金を借りることが返済時の負担軽減に繋がります。

低金利で即日融資を受けたいなら消費者金融が断然オススメ

低金利で即日融資を受けたいなら消費者金融

一般的にお金を借りる時、なるべく低金利で借りたいと考えます。さらに土日や祝日に急にお金が必要となった時でも、即日融資が受けられる金融機関でお金を借りたいと考えます。

 

その2つの願いを叶える金融機関が消費者金融です。特に大手の消費者金融は利便性が高く断絶オススメです。

 

まず金利を見てみると、一般的に銀行カードローンの方が低金利の傾向が高いです。上限金利を比べると、銀行カードローンは約15%、消費者金融は約18%と約3%の差があります。

 

大手の消費者金融なら、30日間の無利息サービスがあります。初めてその消費者金融でお金を借りる方などという条件がありますが、それほど厳しい条件ではなく、誰でもこの無利息サービスを利用できます。

 

初回の借り入れ額が10万円ほどであれば、次の給料日に全額返済すれば金利が全くかからないというわけです。

 

大手の消費者金融なら自動契約機が設置されているので、銀行窓口が閉まっている平日15時以降や土日・祝日でも即日でお金を借りることが可能となります。

 

平日14時までに契約が完了すれば、申し込み者の指定する銀行口座に15時までに振り込まれます。平日14時以降や土日・祝日でも、WEBで申し込み、自動契約機でローンカードを発行すれば、その場でATMからお金を借りることができます。

 

このように消費者金融なら場合によっては無利息でお金を借りることができ、土日・祝日でも即日融資が受けられるという利便性の高さが魅力です。

低金利の消費者金融申し込みはプロミスで間違いなし!

現在大手の消費者金融はほとんど同じようなサービスで、一見すると違いがよく分からない状態です。しかしプロミスには、細やかな点においても他社との違いがあるのでそれを紹介します。

 

まず融資限度額は500万円まで、金利は4.5%~17.8%となっています。他社の上限金利はほぼ18%なので、わずか0.2%でもプロミスの方が低金利でお得です。

 

プロミスの30日間の無利息サービス

さらにプロミスには、初めてお金を借りる人のために30日間の無利息サービスがあります。他社にも同様のサービスがありますが、違いは無利息サービスの起算日です。

 

他社の起算日は契約した日の翌日からで、郵送契約などで契約と融資までにタイムラグがある場合、実際は30日間無利息にならないことになるのです。

 

しかしプロミスなら、初回借り入れ日の翌日が起算日となっているので、丸々無利息サービスが受けられるというわけです。さらに新規契約で2000円分の三井住友VISAプリペイドがもらえる点も見逃せません。

 

プロミスはWebで完結!

次にプロミスのWeb完結申し込みなら、自宅へ郵送物が一切無しで契約できます。これは口座振替による返済と、カードなしを選択するだけで可能となります。

 

以後の取引は、プロミスインターネット会員サービスで行います。また平日14時までに契約内容を確認すれば、即日振込融資が可能となります。

 

さらに三井住友銀行又はジャパンネット銀行の口座をお持ちなら、24時間最短10秒で振込融資される瞬フリを利用できます。もちろん振込手数料は無料です。

 

このような利便性の高さがプロミスでお金を借りる魅力で、人気の秘密となっています。

 

プロミス 低金利で借りたい・・・おまけに、急いでいるならプロミスがいい!

 

はじめての借り入れから30日間無利息で借りれる!
しかも申し込みから現金をてにするまで最短1時間のスピード融資も可能です。

 

プロミスで今すぐ借りる プロミスで今すぐ借りたい人はこちらから

 

プロミスで今すぐ借りる

プロミス公式サイト

http://cyber.promise.co.jp/

低金利で借りる前に要チェック!大手消費者金融のススメ

早急にお金を借りることが必要になったとき消費者金融系のキャッシングであればすぐにお金を借りることが可能です。

 

消費者金融系キャッシングの特徴の一つとして審査時間の短さが挙げられます。条件さえ整えることができれば申し込みをした日のうちにキャッシングの利用を開始してお金を借りることができるのです。

 

消費者金融ということで利息が高いのではないかとなど警戒する方も多いでしょうが、大手の消費者金融であれば安心して利用することができます。

 

現在の消費者金融は大手銀行のグループ企業となっている場合も多いので、どうしても不安だという方はご自身が口座を持っている銀行グループに消費者金融系の金融機関がないか調べてみるのも良いでしょう。

 

キャッシングを利用する際には金利も気になるとこです。金利が低いことに越したことはありません。消費者金融の金利は銀行のものより少し高く設定されていますが、消費者金融のなかには金利のかからない無利息サービスを提供しているところもあります。

 

決められた期間内は利息のかからないキャッシングサービスです。無利息期間内に借り入れたお金を返済してしまえば利息は1円もかかりません。無利息期間を超えたとしても無利息期間だけは利息はかかりませんのでとてもお得にキャッシングを利用することができます。早急にお金が必要なときも後になった後悔しないよう各消費者金融の公式サイト等を読んで賢くキャッシングを利用していきましょう。

 

低金利なら銀行優位?それは利用目的次第

お金を借りたいと考えたとき、銀行と消費者金融のどちらで融資を受けるか選ばなければなりません。その時、多くの方は低金利の銀行をより選びたいと思うでしょう。

 

しかし、銀行でお金を借りるには、メリットもデメリットもあるのです。今回は、そうしたメリット・デメリットについて説明します。

 

銀行でお金を借りるメリットとは?

銀行でお金を借りる一番のメリットは、消費者金融と比べ低金利であるという点です。銀行の場合、消費者金融よりも5%ほど低金利でお金を借りることができます。たかが5%と感じる方もいるかもしれませんが、借入額が大きくなれば、この金利差はかなり効いてきます。

 

また、銀行は総量規制の影響外なので、年収による融資額の制限がありません。これもメリットの一つです。そのため、なるべく多くのお金を借りること考える方には、低金利で総量規制に関係なく融資を受けられる銀行で融資を受けると良いでしょう。

 

銀行でお金を借りるデメリット?

銀行でお金を借りるメリットについてお伝えしましたが、もちろんデメリットもあります。それは、審査が厳しいという点です。

 

お金を借りおる際には、銀行でも消費者金融でも審査に合格しなければなりません。しかし、銀行はその審査が厳しく、通過率は3割程度とされています。いくら銀行で融資を受けるメリットがあっても、審査に通過しなければ意味がありません。これは、大きなデメリットです。

 

また、消費者金融には、期間限定で無利息融資をする業者もあり、借りたい金額が低額なら銀行よりも消費者金融の方が良い場合があります。

 

 

長い目でみた返済※絶対に低金利で借りなきゃ損!

早急にお金が必要な時は銀行や消費者金融を利用してお金を借りることになりますが、金利の設定が異なってくるので業者選びは慎重にする必要があります。

 

銀行と消費者金融を比較すると銀行の方が低金利ですが、実際にお金を借りるまで数日かかってしまいます。消費者金融は即日融資に対応しているので早急にお金が必要な時は消費者金融を利用してお金を借りる人が多いです。しかし長い目で見ると金利が高金利の消費者金融で借りてしまうと損してしまいます。

 

少額の借り入れをしてすぐに返済をしてしまえば高金利の消費者金融でお金を借りても加算される利息はそれほど多くなりませんが、返済期間が長い場合や多額の借り入れをした時は加算される利息が多くなるので返済する時に負担がかかってしまいます。

 

しかし低金利の銀行で借りれば返済期間が長い場合や多額の借り入れをした時でも加算される利息を少なくする事が出来るので返済する時の負担を軽減する事が出来ます。完済までもスムーズなので低金利の銀行でお金を借りる方法を選択した方がいいです。

 

銀行は基本的に融資可能になるまで数日かかってしまいますが、大手銀行だと条件付きで即日でお金を借りることも可能なので早急にお金が必要な時でも低金利の銀行でお金を借りる方法がオススメです。

 

返済額からみる低金利シュミレーション

早急にお金が必要!という場合に、カードローンやキャッシングでお金を借りるのは便利な方法です。
しかし、手軽にお金を借りられるからこそ、注意してほしいのが「金利」。

 

金利が違うと、返済額もぜんぜん違うということを頭に入れなくてはいけません。
低金利の大切さを理解するために、実際に返済額がいくらになるのか、例を挙げてシミュレーションしましょう。

 

10万円を一ヶ月借りた場合

金利が低金利(14%)と、高金利(18%)のときの実際の返済額はいくらになるでしょうか。

 

10万円×0.14÷12=1,166円の利息
10万円×0.18÷12=1,500円の利息

 

差は一ヶ月で334円です。もちろん返済に半年かかればその額は6倍となり、差額は2000円を超えます。

 

30万円を1年借りた場合

もっとお金を借りる額が多くなった場合はどうでしょうか。

 

30万円×0.14=42.000円の利息
30万円×0.18=54.000円の利息

 

差はなんと1万円を超えます!

 

利息だけの差を見ると4%と小さな差ですが、返済額でみるといかに低金利が重要であることがわかります。お金を借りる際は、借りた元の額と利息を足し合わせた総支払額を確認することが絶対です!

 

また、当たり前ですが、月々の返済額が小さいほど利息はかさみ、金利の差による返済額の差が大きくなります。

 

お金を借りるときは、返済額をシミュレーションして、低金利の金融機関、方法を選びましょう。

 

 

低金利の見分け方!ポイントは上限金利にあった

お金を借りる時は銀行や消費者金融を利用する事になりますが、両社とも借り入れする時に金利が発生してしまいます。金利が発生すると利息が加算されていくので借入金額と利息を合計した金額を返済しなければいけません。

 

銀行や消費者金融を利用してお金を借りる時は金利の設定も業者選びの時のポイントになってくるのでしっかり頭に入れておく必要があります。

 

上限金利とは?

銀行でも消費者金融でも金利が設定されていて表示方法は下限金利〜上限金利となっています。上限金利は業者側が利用者にお金を貸す時に発生する最大の金利の事で、最初にお金を借りる時はほとんど上限金利が適用されます。

 

銀行や消費者金融で申し込みをする時は必ず上限金利を確認しなければいけません。上限金利の設定が銀行が約14.5%前後に設定されていて消費者金融は約18%以下に設定されていることが多いです。

 

両社を比較してみると銀行の方が低金利なので金利を重視する人は銀行でお金を借りる方がオススメです。

 

お金を借りる額によっては金利に差がでないケースも!

銀行や消費者金融に申し込みをすると上限金利が適用されますが、お金を借りる額によって低金利の設定になってきます。多額の借り入れをする時は下限金利が適用される事もあるので借入金と金利の設定の関係も重要になってきます。

 

上限金利が適用される事が多い少額の借り入れをする方法と少し多めに借り入れをして金利の設定が少し低くなる方法を比較すると金利の設定の関係で少し多めに借り入れをして金利の設定が少し低くなる方法の方が返済総額が少なくなる事もあります。

 

また、お金を借りる額によっては金利に差が出ないケースもあるので申し込みをする前にシュミレーションをしておきましょう。